ticket

2024年春発売予定

2024年春開業。
本物のアートが、
あなたの感性を出迎える。

美術館のロビー中央にあるのは、
かつてパリ・シャンゼリゼの
ショッピングアーケードにあった
ルネ・ラリックのガラスの噴水。

伝統あるアートを受け継いだ
シンボリックで煌びやかな空間で、
これから出会うアートへの期待が
否応なく高まってゆく。

フロアマップFloor map

0105exhibition
room
展示室1

ガレの杜〜アール・ヌーヴォー

ほの暗い空間に幻想的に浮かび上がるのは、「フランスの薔薇」をはじめとするエミール・ガレの名作や
アール・ヌーヴォーのガラス工芸の数々。
杜の中をさまよいながら、いくつもの印象的な出会いが生まれる。

0205exhibition
room
展示室2

うつろいの間

刻一刻、光と音がうつろう幻想的な空間。
光の演出が時間帯で異なり、作品の様々な表情を楽しめる。

0305exhibition
room
展示室3

アール・デコ

暗闇と光の空間で、アール・デコのガラス工芸品に酔いしれる。

0405exhibition
room
展示室4

アートラウンジ

息を呑むような繊細さ。どっしりと佇む存在感。
それは、邸宅のリビングにふさわしい名作家具に彩られた空間。
ベンチにゆったりと腰を下ろして、真の芸術が紡ぎ出す荘厳な空気を肌で感じる。

0505exhibition
room
展示室5

光のギャラリー

自然光によってその魅力が引き出される、ガラス作品を鑑賞する空間。
飛驒高山の自然と呼応するように、ガラス作品の表情が多様に変容する。

展示室1

ガレの杜〜アール・ヌーヴォー

ほの暗い空間に幻想的に浮かび上がるのは、「フランスの薔薇」をはじめとするエミール・ガレの名作や
アール・ヌーヴォーのガラス工芸の数々。
杜の中をさまよいながら、いくつもの印象的な出会いが生まれる。

展示室2

うつろいの間

刻一刻、光と音がうつろう幻想的な空間。
光の演出が時間帯で異なり、作品の様々な表情を楽しめる。

展示室3

アール・デコ

暗闇と光の空間で、アール・デコのガラス工芸品に酔いしれる。

展示室4

アートラウンジ

息を呑むような繊細さ。どっしりと佇む存在感。
それは、邸宅のリビングにふさわしい名作家具に彩られた空間。
ベンチにゆったりと腰を下ろして、真の芸術が紡ぎ出す荘厳な空気を肌で感じる。

展示室5

光のギャラリー

自然光によってその魅力が引き出される、ガラス作品を鑑賞する空間。
飛驒高山の自然と呼応するように、ガラス作品の表情が多様に変容する。

展示品Exhibit

旧美術館から受け継いだ、16世紀から20世紀にかけて世界中から収集されたガラス工芸品をはじめ、
アール・ヌーヴォー、アール・デコ、現代作家のガラス工芸品や、19世紀末の家具や照明器具などを展示。

シャンゼリゼ・ショッピング・アーケイドの噴水/ルネ・ラリック

シャンゼリゼ・ショッピング・アーケイドの噴水ルネ・ラリック

花器「フランスの薔薇」/エミール・ガレ

花器「フランスの薔薇」エミール・ガレ

花器「西洋かぼちゃ」/ドーム兄弟(オーギュスト、アントナン)

花器「西洋かぼちゃ」ドーム兄弟(オーギュスト、アントナン)

18灯リリー・ランプ/ルイス・C.ティファニー(ティファニー工房)

18灯リリー・ランプルイス・C.ティファニー(ティファニー工房)

カナリア紋付小瓶/モーリス・マリノー

カナリア紋付小瓶モーリス・マリノー

書斎机・椅子(睡蓮のシリーズ)/ルイ・マジョレル

書斎机・椅子(睡蓮のシリーズ)ルイ・マジョレル

ウィロー・ティールームのウィローパネル/チャールズ・レニー・マッキントッシュ

ウィロー・ティールームのウィローパネルチャールズ・レニー・マッキントッシュ

来館のご案内Guidance

営業時間
10:00~15:00
ホテルへご宿泊のお客様/
15:00~18:00、8:00~10:00
駐車場
美術館専用スペース
(予約不可)
無料
チケット購入方法

現地発券機 / WEB(前売り券 2024年春発売予定)

入館料
大人 1,000円(税込)
小学生以下 無料
ホテル宿泊のお客様 無料
サンクチュアリコート高山
メンバー様
無料
チケット購入方法

現地発券機

WEB(前売り券 2024年春発売予定)

美術館からのお願い

ご来館にあたってのお願い

  • ・ご宿泊者以外のホテルエリアへのお立ち入りはご遠慮ください。
  • ・レストラン(要予約)、ブティック、お手洗いをご利用のお客様はスタッフにお声掛けください。
  • ・ペットを連れてのご入館はご遠慮ください。(盲導犬・聴導犬・介助犬を伴っての入館は可能です)
  • ・お子様のご入館の際は必ず保護者のご同伴をお願いいたします。
  • ・小さなお子様は手をつないでご観覧をお願いいたします。
  • ・大きな手荷物の持ち込みご遠慮ください。※地下1階のロッカーをご利用ください。
  • ・傘の持ち込みはご遠慮ください。入口の傘立てをご利用ください。
  • ・美術館内は禁煙です。喫煙場所はスタッフにお問い合わせください。
  • ・火気・危険物・臭気物のお持ち込みは出来ません。
  • ・三脚や自撮り棒等のお持ち込みはご遠慮ください。
  • ・車椅子の貸出しをご希望のお客様はスタッフへお申し付けください。
  • ・美術館内の混雑を適正に保てるよう、入館者数を制限する場合がございます。
  • ・美術館内外・周辺ではスタッフの指示に従ってください。
  • ・災害や緊急時の際はスタッフの指示に従ってください。
  • ・他のお客様に迷惑を及ぼすおそれがあると認められた場合、又はスタッフの指示に従っていただけない場合は、退館していただく場合がございます。
  • ・体調の優れないお客様のご来館はご遠慮ください。

ご鑑賞にあたってのお願い

  • ・他のお客様のご迷惑にならないよう、静かにご鑑賞ください。
  • ・携帯電話、スマートフォンはマナーモードに設定していただき、音声ガイドご利用以外でのご使用はご遠慮ください
  • ・音声ガイドご利用の際はお手持ちのイヤホンをご利用ください。
  • ・展示作品、展示ケースにはお手を触れないでください。
  • ・展示室内での飲食はご遠慮ください(飴・ガム、ペットボトル飲料を含む)。
  • ・展示室内への植物の持ち込みはご遠慮ください。
  • ・展示室内での鉛筆以外の筆記用具の使用はご遠慮ください。
  • ・レーザーポインター、懐中電灯等の使用はご遠慮ください。
  • ・再入場はできません。

ドレスコードへのご協力のお願い

美術館では、館内のご利用にあたりドレスコードを設けております。
部屋着や着崩した服装、ビーチサンダル等、極端にカジュアルなお召し物でのご来館及びご利用をお断りしております。
美術館をご利用されるお客様が心地よくお過ごしになれますよう、皆様のご協力をお願いします。

アクセスAccess

所在地
〒506-0055
岐阜県高山市上岡本町1丁目124番地1
サンクチュアリコート高山内(予定)
アクセス
お車で 中部縦貫自動車道
「高山」I.Cより車で約10分
「高山西」I.Cより車で約12分
電車で JR高山本線
「高山」駅よりタクシーで約4分
徒歩で 「高山」駅より約25分